So-net無料ブログ作成

映画とアニメに! [comic]

001.JPG

久々に寄った書店でジャイキリと3月のライオンの最新刊を購入。3月のライオンはなんと実写映画化とアニメ化が決まったそうです!。たぶんまだまだ1年後とかそれ以上先の話だろうけど楽しみです♪。


スマホに替えました [comic]

001.JPG

3年3ヶ月愛用したガラケーからついにスマホへ!。303SH(ブルー)なのですが実は2週間以上前にお店(ソフトバンク専門店)で予約していました。「1週間ほどで入りますよ」と言われたのに10日経ってもショップからの連絡はなく、問い合わせたトコロ「この型&カラーが品薄で…」と言われ、まあガラケーからスマホに移行=新料金プランだから月初めの休みまで待つか、と思い本日再び問合せたら「まだ入荷せずで時期も判らない」との返事が><。ん~いくら何でも待たせ過ぎやろ!!本当なら他店舗からの取り寄せとか何らかの工夫(努力)をしてくれても良いのでは?と思いつつこの店舗は諦めることに。自宅で近所の家電量販店や他のソフトバンクショップに片っ端から電話を入れ4軒目で在庫ありだったお店へ出向いての機種変となりました。十分使いこなすには少し時間が掛かりそうですが早く慣れたいと思います♪。

お店で携帯を預け機種変してもらう時間を使って四条へ。先日OPENした東急ハンズ京都やセールの始まった大丸、高島屋を見て回って結局衣服類は何も買いませんでした^^。ですが約2年ぶりな谷川史子さんの新刊を見つけて購入。コレ見つけただけでも四条に出向いた甲斐ありましたね♫。

002.JPG


ミエリーノ柏木 [comic]

001.JPG

年明けすぐ?くらいから週末深夜にテレビ東京系列で放送されていた「ミエリーノ柏木」のコミック本を発見!即買いしてしまいました^^。AKBの柏木由紀が主役を務めるドラマ、最初は夜更かし中に偶然見たんだけど意外と面白かったのでその後も夜更かし中に遭遇した際は見ていました。柏木ちゃんと佐野史郎、キンコメ今野の3人が「別れさせ屋」的な依頼をこなしていくストーリーで柏木ちゃんにはちょっとした能力が宿っています。そんなドラマの漫画版がヤングジャンプで掲載中らしくその1巻が3月末に発売されていたのを今日見つけた訳です(遅っ!)。漫画版がドラマをどこまで忠実にたどっているのか解りませんが普通に楽しめる内容でした。ちょうど4月からBSジャパンで再放送(日曜深夜)が始まってるので興味のある方はそちらもチェックしてみて下さい。次回は第3話です♪。

002.JPG

庭の花水木が満開です。


谷川史子 [comic]

001.JPG

世間ではお盆休みだの帰省だの、な一週間でしたが私には何の関係も無く普通に仕事だけで過ぎてしまいました。唯一14日だけが休みで実家に戻った妹と赤ちゃんを見に+お祝いを渡しに行きました。その祝儀袋を買いに行った際、書店で谷川史子(タニカワフミコ)の新刊「おひとり様物語4」を見つけて即購入。谷川さんの漫画との出会いはもう20年近く前になりますが妹が購読していた「りぼん」に掲載されていた作品を読んだのが最初です。当時から登場人物の描き方(画風)が私好みでストーリーも純愛少女漫画!っぽさが少なく、でも真面目な物語の中にも時おりコミカルな描写があったりとすぐに好きになりました。当時は学生が主人公の物語が多かったと思いますが、最近の作品では大人の女性の恋やら結婚生活やらその他日常を描いたものがほとんどかな。今回の「おひとり様~」も単行本は年一ペースですが月刊誌?に毎回一話完結の作品を描かれているので読みやすいです。物語ごとに色んな設定も楽しめますし。ちなみに「忘れられない」は別の雑誌に収録された作品をまとめ6月に発売された単行本です。こちらも大人のいい恋の話が詰まっていてお薦めです。…まぁ谷川史子の読者って8~9割は女性では?と思うんですけどね。でも良い作品が多いことは間違いないので皆さんも機会があれば読んでみて下さい♪。

002.JPG東京マーブルチョコレートは谷川作品で唯一OVA(2作品)になっています。単行本の内容とは異なったストーリーですが谷川さんのキャラがアニメで見れるのは新鮮でした。


滝沢聖峰 [comic]

001.JPG

私の好きな滝沢聖峰の新刊「東京物語・上」を購入しました。本当は25日発売ですが今日の帰りダメ元で書店に立ち寄ってみると既に並んでいました♪。月刊モデルグラフィックスに掲載されていた作品を取りまとめたモノで8月末には下巻が発売予定です。

昭和18年末、陸軍航空審査部にて新型機の開発に従事していた主人公・白河大尉とその妻・満里子を中心とした物語。審査部だけに航空機の戦闘シーンは少なく、またB29による本格的な空襲が始まる前の東京が舞台となっているので他の滝沢作品と比べると戦場での日常的描写や緊迫感に欠けており、やや物足りません。しかも妻・満里子が(ばら物語の影響か?)これまでの滝沢作品で描かれた女性と明らかに違っており(特に眼が!)かなり違和感がありました。まぁ悪くは無い話なのでMG愛読者や滝沢作品を好きな方にはお薦めですが、初めて滝沢作品を読もうとする方には下の「碧の孤狼」や「新太平洋戦記」の方が断然お薦めです。

002.JPG

92年10月初版 880円(現在は950円+税)

93年1月に購入した初めての滝沢聖峰単行本。当時のMG誌に掲載された短編を6話収録。いずれも戦時下における新兵器、新型機開発に絡んだストーリーですが読み応えのある作品ばかりです。

                                                                                                                                             003.JPG04年1月初版 952円+税

こちらはMG誌ではなく他の戦記雑誌等に掲載された短編9作品が収録されています。 実はこの最後に「東京物語」という作品があり、今回発売された東京物語の原点となっているみたいです。主人公白河(白川)や満里子の名前、大筋の設定も同じですし。私はやっぱりこっちの満里子の方が滝沢作品に似合うと思います。


3月のライオン 7巻 [comic]

001.JPG
立ち寄った書店で本日発売の「3月のライオン」最新巻を購入。つーかcomicカテゴリー、2年以上更新してなかった…。まあ買う漫画って限られてるからね。
 
一言だと青春と将棋、がテーマなこの漫画。7巻ではヒロインひなちゃんを巻き込んだ学校でのいじめ問題が解決に向かい、主人公桐山(高校生プロ棋士)が新人王記念対局に挑むまでの話が収録されています。6巻の時もそうでしたが、ハチクロには無かったほろり(涙)とさせるシーンが今回もありました。羽海野チカさんの作品はやっぱり良いですね。
 
そんな羽海野チカさんの原画展が大阪で開催される!と7巻の帯に記載されていました。3月28日~4月9日まで大丸梅田15階の大丸ミュージアムにて。入場料大人600円です。行きたい!!。岡山、福岡、仙台でも予定されているようです。詳細は3月のライオン公式サイトをご覧ください。
  
ちなみに今回の表紙、ひなちゃんが座っているのは修学旅行で訪れた京都の鴨川です^^。

1月に買った漫画 [comic]

IMG_1351.JPG
今月はいっぱい買ったな~って、私が集めている単行本ほとんどで最新巻が発売されました!年明けってそういう時期なんですかね?それともたまたま重なっただけ?
この中では「とめはねっ!」がNHKで木曜20時からドラマ化されていますね。全6回中、もう4回までが終了してしまいましがキャラとかストーリーが漫画と同じに映像化されていて面白いです。アニメ化もしてほしいですね。

007.JPG
そしてこちらからは「ジャイアントキリング」が4月からNHKでアニメ化されます!Jリーグも開幕し、W杯に向けてサッカーが盛り上がっていく時期に更にアニメでもサッカーを盛り上げる!グッドタイミングなアニメ化です。全話見逃さないようにせねば!!

10月に買った漫画 [comic]

IMG_1228.JPG
ソムリエール 11巻 松井勝法 
主人公、樹カナは2年あまり務めたエスポワールを離れることとなり、ひょんな事から銀座の小さなワインバーをとある老人から任されることになる。店のオーナーに抜擢されたカナは蓮見という男性とともにバーを運営していくことに。1ヶ月後、収支が赤字ならバーは閉店という老人からの条件を果たしてクリアー出来るでしょうか?
 

IMG_1227.JPG
ジャイアントキリング 12巻 ツジトモ 
いよいよ始まった東京ヴィクトリーとの東京ダービー。ETUは序盤、見事なカウンターから椿のミドルが決まって先制、1-0で前半を終える。後半は東京Vの猛反撃が始まりETUは苦しい時間帯が続く。それまで耐え抜いていたETUだったが残り20分を切ってから東京Vはついに怪我明けの持田を投入。椿vs持田のマッチアップをはじめ更に熱くなる試合終盤、ETUは耐えきれるのか?決着は次巻へ持ち越し…。

8月に買った漫画 [comic]

IMG_0880.JPG
ジャイアントキリング  11巻  ツジトモ
モーニングに連載されてるサッカー漫画。主人公が監督、てのが面白いですね。選手やサポーター、記者やクラブなんかの内情やら試合に関するポイントをこと細かく描かれていてサッカー好きにはたまらない漫画です。まだ読まれてないサッカーファンはぜひ読んでみて下さい!実はこの11巻、7月末に発売されていたのに気付かず、購入したのは8月21日でした…。 

IMG_0881.JPG
3月のライオン  3巻  羽海野チカ
少女漫画「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ初の少年誌連載、ヤングアニマル連載中の「将棋」を中心としたほのぼのストーリーです。主人公は高校生でありながプロ棋士でもある桐山零。ちょっと複雑な人生を棋士として必死に生きる彼と、そのまわりの人達の人生ドラマ?みたいな漫画です。

IMG_0882.JPG
神の雫  21巻  オキモト・シュウ
ドラマにもなったからご存じの方も多いと思う、モーニング連載中のワインを題材にした本格派漫画。ワイン、人物の描き方やワインの説明等、ものすごく丁寧に表現されているのですが、物語のスケールが壮大過ぎて少し疲れちゃいます…。ですが読まない訳にはいかない?ので買ってしまいます。

IMG_0883.JPG
友達100人できるかな  1巻  とよ田みのる
昨年の6月頃かな?書店の新刊コーナーでキラキラの表紙の漫画が目に留まりました。「フリップ・フラップ」というその漫画、たまたま少し立ち読み出来るように見本巻が置かれていたのですがこれが面白く、即買いしちゃいました。フリップ・フラップはピンボールの漫画だったのですが、今回は36歳の主人公が訳あって小学生時代にトリップし、そこで友達を増やしていくというお話です。絵はへたうま調な感じなのですが、この方の物語にはとてもマッチしていると思いますね。たぶん作者とは同年代らしく、ストーリーの中でも「あった、あった」って当時(私の小学生時代)を思い出したりしてました。
一度この作者の漫画を読もう、という方はフリップ・フラップからとよ田ワールドに入門される事をお薦めします。

nice!(1)  コメント(0) 

7月に買った漫画 [comic]

IMG_0835.JPG
とめはねっ! 5巻  河合克敏
河合さんの漫画は学生時代に週刊サンデーで「帯をギュッとね!」に出合い、就職してからもサンデーに連載された「モンキーターン」を読み続けていました。描かれる独特(特に目、瞳)のキャラに好感が持てるのと、帯ギュのストーリーが面白かったこと、その延長で読み続けたモンキーターンも当時は「えっ?モーターボートの漫画??」と題材の珍しさからも非常に興味を持って毎週読んでいました。お陰でそれまで縁のなかった競艇の世界も少しは知ることが出来ましたし、実際に競艇場にも行ったりもしましたね。
 
その河合さんが現在スピリッツで連載(隔週)されているのが「とめはねっ!」です。タイトルだけじゃ何の漫画か分かりませんよね。なんと高校の部活「書道部」を舞台にした漫画なのです。またまた変わったネタを漫画にされていますが、私的にはこれもよく知らない書道の世界が垣間見えて楽しく読ませてもらっています。漫画好き、書道に興味のある人なら誰でも面白く読める作品です。

IMG_0834.JPG
Moon 4巻  曽田正人
02年まで連載されていた「昴 スバル」の続編として、これもスピリッツに隔週連載されている作品。バレエダンサーの主人公、宮本すばるのダンサーとしての生きざまを描かれています。曽田さんの漫画は「め組の大吾」が初めてでしたが、昴もその続編のこのMoonも、そして「capeta」も物語の所々がすごく熱い!そこが好きですね。Moonは少し大人向け?な感じがしますが、少なくとも前作の昴を読んでた人にはぜひ読んでもらいたい作品です。
nice!(4)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。